Stratasys F190CR

炭素繊維強化複合材料”FDM® Nylon-CF10”に
対応 高強度・剛性・高精度な
Stratasys F190CR

F190CRは形状試作/機能試作~製造用治具/最終製品まで実用的なモデル作製を可能にする最もパワフルなFDM方式の3Dプリンターです。汎用樹脂である”ABS-M30”やABSにカーボンファーバーを混ぜ込んだ”ABS-CF10”をはじめ、さまざまなエンジニアリンプラスチックに対応することで強度・剛性・耐薬品性に優れたモデルを造形します。今回、新しく対応した” FDM® Nylon-CF10”は、より高強度を持つ複合材料となり、形状の複雑さに関係なくより早く、より簡単に金属パーツに代替するプラスチックパーツを造形します。

また、ストラタシスの特許技術でもあるヒートチャンバー機構の搭載により、安定した高品質モデルの造形が可能です。初めての1台から、レベルアップの1台まで、使用者を選ばないユーザーフレンドリー設計です。

新材料! 炭素繊維強化複合材”FDM® Nylon-CF10”

“F123CRシリーズ”では新材料の”FDM® Nylon-CF10”に対応しました。ナイロンベースの材料にカーボンファイバーを混ぜ合わせた複合材料で、高強度・剛性・耐薬品性に優れています。設計評価や機能テストに十分な性能を持ち、試作から治工具、最終製品の造形まで幅広くカバーします。

金属パーツをプラスチックに置き換えることで、軽量化やコスト削減、さらには形状自由度を上げることであらゆるメリットを提供します。

本体動画

材料動画

活用シチュエーション例

プレス成型用パーツ
より丈夫で硬いNylon-CF10を使用することで、金属のプレス成型を行うことができます。

  • 設計の複雑さに関係なく、より速く製造し活用することが可能
  • カスタムまたはユニークな形状やサイズで作製可能
  • 330μmの積層ピッチで造形することで、性能を犠牲にすることなく造形時間を短縮。
  • この事例では100枚程度の成型に成功
  • 迅速に設計変更、オペレーターとの意思疎通が可能となり、トライ&エラーの繰り返しを最小限に抑えることが可能。
車両ドアのヒンジ用加工治具
Nylon-CF10は、ナイロンとチョップドカーボンファイバーを組み合わせた強度の高い材料です。

  • 加工負荷に耐えることのできる強度を持つ。
  • 3Dプリントすることで金型作製のコストとリードタイムを削減
  • 特別なノウハウや熟練技術不要

F190CFスペック

造形方式 FDM方式(熱溶解積層方式)
積層ピッチ(Z軸) 0.127/0.178/0.254/0.330mm
モデル材料 ABS-M30™、ASA、FDM™ TPU 92A、ABS-CF10™、FDM™ Nylon-CF10
サポート材 QSR(アルカリ水溶性サポート)
造形サイズ (X)305 x(Y)254 x(Z)305mm
搭載マテリアル数 モデル材x1、サポート材x1
本体寸法/重量 1,626x864x711mm/227kg
供給電源 100V/15A、50/60Hz
制御ソフトウェア GrabCAD Print
ネットワーク接続 LAN/IP
Stratasys カタログダウンロード

Stratasys F190CR についての価格や仕様のお問い合わせ・資料請求

TEL.03-5542-6756

業務用3Dプリンターのことならお気軽に
アルテックへお問い合わせください。

お問い合わせ

製品比較

Stratasys F170
<造形サイズ>
254 × 254 × 254 mm
<モデル材料>
4種類
StratasysのFDM人気機種
Stratasys F370
<造形サイズ>
355 × 254 × 355 mm
<モデル材料>
7種類
F270に比べ、造形サイズがさらに大きくなり、かつモデル材の幅も豊富。
FDM方式の3Dプリンター一覧