デスクトップメタル

金属3Dプリンターシステム
Studio System™2

複雑で高性能な金属部品の製造がこれまで以上に簡単に

詳細はこちら

金属3Dプリンターシステム
Shop System

バインダージェット方式で比類のないスピードと生産性
優れた造形品質

詳細はこちら

金属3Dプリンターシステム
Production System™

大量生産用の高速造形可能な金属3Dプリンター

詳細はこちら

Desktop Metal(デスクトップメタル)
試作から量産まで、お客様のニーズに合った
金属3Dプリンターをご提供します。

これまで取り扱いしにくく高額であった金属3Dプリンターの
世界を一変させる技術の導入により、産業界において
金属3Dプリンターの活用を飛躍的に発展させる
マーケットリーダーです。

当社は米国Desktop Metal社の日本正規代理店として
2017年から金属3Dプリンターの取り扱いを行っております。

Desktop Metalについて

Desktop Metalの
Desktop Metalの金属3Dプリンターとは

金属粉末とバインダー(結合剤)を混錬した材料で造型、脱脂、焼結するMIM(金属粉末射出成形)技術を応用したプロセスで金属造形を実現します。
MIMの技術は既に40年以上の実績があり、長年のノウハウを活用できます。

  • 今までの技法では不可能だった複雑な部品を造形する事ができます。
  • 部品とサポートの間にセラミック材を進入させて、ほとんどのサポートの分離が手でも簡単にできます。
  • サポート設計、スケーリング、焼結条件など専門的な操作を、ソフトウエアがデータ(STL等)を解析して自動で設定します。
Studio System™

2種類の造形方式

従来型の金属3Dプリンターであるパウダーベッド方式やレーザーメタルデポジション方式は取り扱いに難があり、価格も高額でした。 Desktop Metalは、金属の造形として歴史と実績があるMIM(金属粉末射出成形)技術を参考に、取り扱いが簡単で低コストな画期的方式を採用しました。

試作やワンオフパーツに最適

BMD方式

製品シリーズを見る

MIMの技術を応用して、FDM方式によるプリントと焼結を組合せた、BMD(Bound Metal Deposition)方式。

中規模~大規模量産に最適

バインダージェット方式

製品シリーズを見る

インクジェット技術を使用してバインダーを金属粉に塗布。固まった部分を焼結して完成させる。

Studio System+ カタログダウンロード

事例動画 Ford Motor (字幕あり)

3Dプリンター出力サービス

金属材料による出力サービスもご案内可能です。

用途やご希望に合わせて、材料等を選択し、お客様に最適なソリューションをご提供します。

3Dプリンター造形サービス

製品詳細

Studio System+ カタログダウンロード

ニュース