Desktop Metal

BMD(Bound Metal Deposition)方式とは

金属3Dプリンター
『BMD方式』の特徴

金属粉末とバインダー(結合剤)を混錬した材料で造型、脱脂、焼結するMIM(金属粉末射出成形)技術を応用したプロセスで金属造形を実現します。
MIMの技術は既に40年以上の実績があり、長年のノウハウを活用できます。

  • 今までの技法では不可能だった複雑な部品を造形する事ができます。
  • 部品とサポートの間にセラミック材を進入させて、ほとんどのサポートの分離が手でも簡単にできます。
  • サポート設計、スケーリング、焼結条件など専門的な操作を、ソフトウエアがデータ(STL等)を解析して自動で設定します。
Studio System™

Studio System
BMD方式の統合システム

従来型の金属3Dプリンターであるパウダーベッド方式やレーザーメタルデポジション方式は取り扱いが難しく、価格も高額でした。

Desktop Metalは、金属の造形として歴史と実績があるMIM(金属粉末射出成形)技術をベースに、3Dプリンターを使って、たった2工程で造形物を生み出せる画期的な方式(BMD方式)を採用しています。※材料によっては3工程になる場合がございます。

2種類の専用マシンが
シームレスに連携

STEP1FDM方式とMIMの
技術を応用して
グリーンパーツを造形

3Dプリンターで造形

STEP2焼結炉で
グリーンパーツを焼結してモデルが完成

焼結炉で焼結

完成

完成
Studio System+ カタログダウンロード

オフィスで使える金属3Dプリンター
Studio System™ 2

MIMの技術を応用して、FDM方式によるプリントと焼結を組合せる金属3Dプリンタです。

製品詳細

造形可能な金属

Desktop Metalの3Dプリンターは旧来型のレーザーを用いる金属3Dプリンターでは不可能だった「銅」の造形も可能です。
産業界でよく用いられる下記金属に対応しています。

  • 高強度ステンレス鋼(17-4PH)
  • ステンレス鋼(SUS316L)
  • クロムモリブデン鋼(4140)
  • 銅(Cu)
  • インコネル(Inconel625)
  • 工具鋼(H13)
  • 工具鋼(D2)
  • チタン合金(Ti64)

動画

">

BMD方式製品一覧

Studio System+™ Studio System2

2ステップ処理でカスタム金属部品をより簡単に造形