業務用3Dプリンター

業務用の3Dプリンターの導入やご利用を検討する際の情報をまとめました。

業務用の3Dプリンターの特徴

高品質・高精度・高安定

業務に3Dプリンターを用いるシーンとしては、製品開発段階での試作もあれば、治工具の造形や最終製品の造形まで存在します。
業務で用いるということは、品質基準を満たす必要があり、また連続使用などでもトラブルが起こりにくい、安定していることが重要です。
そのためには家庭用の3Dプリンターでは対応できない精度・安定性が必要になります。

精度と安定性に定評のあるメーカー

業務用の3Dプリンターの種類

代表的な種類は下記の5つ

3Dプリンターには様々な方式がありますが、用途・目的によって最適な方式は異なります。

おすすめの業務用3Dプリンター

特に最初の1台にお勧めなのはこちら

3Dプリンター世界シェアNo.1メーカーであるStratasysから、2021年夏に画期的な新製品が登場しています。

Stratasys J35Pro

  • 高精細
  • ハイエンド機能が低価格で入手可能
  • 幅広い物性の材料に対応

費用を抑えて業務用の3Dプリンターを試す

小型で使いやすく、業務用3Dプリンターとしては比較的安価な製品です。

Stratasys F170

  • 高品質
  • 高安定
  • 比較的安価

業務用3Dプリンターの出力サービス

ハイエンド機による3D造形を外注可能

3Dプリンターには出力サービスという分野があり、3Dプリンターを保有する企業が3D造形を受託するサービスを提供しています。
中でも業務用のハイエンド機による高品質な造形を利用する企業が増えています。

業務用3Dプリンターの活用事例

3Dプリンターは新しい技術という印象がありますが、歴史は古く1980年代から存在しています。
既に産業界で多く活用されていますが、近年技術が飛躍的に向上しており、活用の幅を拡げています。

業務用3Dプリンターの最新ニュース

当社は業務用3Dプリンターの販売・保守サポートを行なっております。
業務用3Dプリンターについては、是非当社にご相談ください。