ニュースリリース

アルテック株式会社 > ニュースリリース > ニュースリリース > MakerBot METHODシリーズにABS樹脂対応の新機種「METHOD X」をリリース

メーカーボット社製3Dプリンタ「METHOD X」を追加リリース!

メーカーボット社の最新機種「METHOD X」の販売を2019年9月25日から開始いたします。

「METHOD X」について

「METHOD X」は、メーカーボット社が2019年4月に発表した、親会社のストラタシス社のハイエンド技術を搭載したデスクトップ型3Dプリンタ「METHOD」シリーズの最新機種です。

工業グレードで汎用性の高いABS樹脂が使用可能

「METHOD」のデザイン性や簡単な操作性、高性能さはそのまま継承し、メーカーボット社製品としては初めて工業グレードで汎用性の高いABS樹脂が使用できるようになり、試作から治工具、最終製品までより幅広い用途に活用できるようになりました。

「SR-30」にも対応 サポート除去もより簡単に

また、ABS樹脂を使用した造形をサポートするのに最適な、ストラタシス社が開発したアルカリ水溶性サポート材「SR-30」にも対応し、サポート除去もより簡単になります。材料はメーカーボット製品で使用実績のあるPLAやTough PLA、PETG、水溶性サポート材のPVAも引き続き使用することが可能です。

ヒーター温度は最高100℃まで対応

「METHOD」シリーズでは、2本の循環式ヒーターにより造形エリア内の温度制御を行いますが、「METHOD X」は、熱収縮率の大きいABS材料を高品質で造形するため、ヒーターの温度も最高100℃まで上げられるようになりました(「METHOD」は最高60℃)。2本の循環式ヒーターが造形中のモデルに対し均一に熱を与えることで、モデルの反りを低減させ、また積層同士の接着力を強め、造形品質を向上させます。
「METHOD X」の販売価格は110万円(税別)で、9月25日より販売を開始いたします。これにともない、「METHOD」の販売価格は90万円(税別)に値下げし、さらにお求めやすい価格に改定となります。

「METHOD X 詳細ページ」: https://makerbot.altech.jp/product/makerbot-method/

METHODシリーズの2本のヒートチャンバー

MakerBot「METHOD」シリーズスペック比較表

METHOD X METHOD
造形方式 熱溶解積層法(FDM)方式
積層ピッチ 0.02~0.40㎜
モデル材料 MakerBot  ABS 
MakerBot PLA
MakerBot Tough PLA 
MakerBot PETG 
MakerBot ASA* (11月下旬対応予定)
MakerBot PLA
MakerBot Tough PLA 
MakerBot PETG
サポート材料 MakerBot PVA 
Stratasys SR30
MakerBot PVA 
ヒートチャンバー温度 最高100℃ 最高60℃
造形サイズ (X)190mm x (Y)190mm x (Z)196mm(シングル)
(X)152mm x (Y)190mm x (Z)196mm(デュアル) 
本体寸法/重量 (W)413mm x (D)437mm x (H)649mm / 32Kg  (W)413mm x (D)437mm x (H)649mm / 29.5Kg
電源(消費電力) 100V-240V/8.1A ,50-60Hz
消費電力:800W(最大)
100V-240V/4A ,50-60Hz
消費電力:400W(最大)

お問い合わせ

アルテック株式会社
デジタルプリンタ営業部 3Dプリンタ営業課
3d-sales@altech.co.jp
TEL:03-5542-6756 / FAX:03-5542-6766
住所東京都中央区入船2丁目1番1号 住友入船ビル2階

Copyright © 2008 ALTECH Co., Ltd. All rights reserved.