ニュースリリース

アルテック株式会社 > ニュースリリース > ニュースリリース > 大型3Dプリンタ「F900」を2台導入 -3Dプリンタの造形サービス事業を拡大-

工業用プラスチック対応の大型3Dプリンタ『F900』2台を導入

アルテックは、近年増加している大型造形をはじめとした3Dプリンタの造形サービスのニーズにこたえるためにストラタシス社製の大型3Dプリンタ『F900』を2台を導入し造形サービスを大幅に拡大します。『F900』の造形方式は、FDM(熱溶解積層)方式で、ストラタシス社の同方式の3Dプリンタの中でも最大のモデルとなり、その造形可能サイズは、(X)914×(Y)610×(Z)914㎜の大型造形にも対応した機種になります。また、ABSをはじめする各種スーパーエンジニアリングプラスチックが使用可能なため、ユーザのニーズにピンポイントに応えることが出来ます。積層ピッチも127~508μm*まで選択可能です。 近年3Dプリンタでの造形目的は、試作品に留まらず冶具や最終製品の造形も多くなっており、小ロット多品種のパーツが欲しいという場合には、コストやリードタイムを削減することが出来る3Dプリンタの活用が増加しています。 そして、冶具や最終製品としてのニーズが高まると同時に、造形物も大型化の傾向にあり、『F900』はこれらにマッチした製品になります。

造形サービスの拡大

アルテックは、2007年にObjet社の国内代理店として契約を締結し、3Dプリンタ事業を開始しました。国内での3Dプリンタの販売と並行して、3Dプリンタを活用した造形サービスを提案して参りましたが、『F900』の導入によりその規模を大幅に拡大します。
造形サービスに使用するメイン機種は、ストラタシス社製の3Dプリンタです。『F900』を始めとするFDM方式の装置と、アクリル樹脂を使用し、表面が滑らかでフルカラー造形が可能な『J750』などのPolyJet方式の装置を活用しております。加えて、大型のモデルの高速造形が可能なMassivit社の3Dプリンタ「Massivit1500」も1台導入しており、アルテック保有の3Dプリンタは計20台*となっております。

 

ショールームのご案内

当社では、造形サービスの拠点兼ショールームのテクニカルセンターを保有しており、Stratasysの装置を始め、MakerBot、DesktopMetal、Massivitの実機の展示をしております。
※ショールームの見学は予約制となっておりますので、ご希望の方は事前にご連絡をお願いいたします。
ショールームアクセス

 

お問い合わせ

アルテック株式会社
デジタルプリンタ営業部 3Dプリンタ営業課
3d-sales@altech.co.jp
TEL:03-5542-6756 / FAX:03-5542-6766
住所東京都中央区入船2丁目1番1号 住友入船ビル2階

お問い合わせフォーム

貴社 / 団体名 (必須)

部署名 / 役職名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

郵便番号 (必須)
 (ハイフン不要)

住所 (必須)

お問い合わせ内容 (必須)

お問い合わせ詳細 (必須)



メールフォームについて

お客様のパソコンの動作環境等で送信がされていない場合がございます。その際は、お手数ですが再度送信いただくか、お電話:03-5542-6756メール:sales@3d-printer.jp にて、ご連絡いただけますよう宜しくお願いいたします。

アルテック株式会社 東京本社 デジタルプリンタ営業部 3Dプリンタ営業課 
〒104-0042 東京都中央区入船2丁目1番1号 住友入船ビル 2F  TEL:03-5542-6756

Copyright © 2008 ALTECH Co., Ltd. All rights reserved.