第2弾!フルカラー3Dプリンタが変えるデザインの世界

ホーム | 活用事例一覧 | 第2弾!フルカラー3Dプリンタが変えるデザインの世界
top_image43

3Dプリンタでクリスマス!

3Dプリンタの世界的リーディングカンパニーであるストラタシス社製フルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」。36万色以上の色彩表現が可能な3Dプリンタの登場により、試作・デザインの世界はどのように変わっていくのでしょうか?

これまで必要だった造形後の塗装が不要となり、テクスチャマッピング対応により、表現が困難だったデザイン性の高い模様なども簡単に再現できるようになりました。大きな可能性を秘めた「Stratasys J750」ですが、実際どのようなことができるのか?どこまでイメージを再現することができるのか?その実力を少しでも「楽しく」お見せできるよう、このコーナーでは、季節に合わせて作成したフルカラーモデルを掲載していきます

img-santa02

最近一段と寒くなり、街中もすっかりクリスマスモード一色になりましたね!
前回のハロウィンに続き、今回は「3Dプリンタでクリスマス!」のテーマで、クリスマスに過ごしたい、暖かな理想のハウスモデルやクリスタルツリー、クリスマスパーティーで盛り上がりそうな、かわいらしいカップケーキを作ってみました。今回もすべてのモデルを、ストラタシス社が2016年6月に発売したフルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」で造形しています。

☆ ハウスモデル(クリスマスバージョン)

ゆっくり暖炉の前でくつろぎたくなるような、ハウスモデルを作ってみました。
「Stratasys J750」の大きな特徴である、テクスチャマッピングをフルに活用したモデルとなっています。

img-santa03

【 写真:ハウスサンプル 全体図 】

★ 煙突付き暖炉

こんな本格的な暖炉がお家にあったら素敵ですね!まるで本当に小さなレンガブロックを積み上げているように、凹凸もしっかり再現されています。煙突は、サンタクロースが入って来られるように空洞になっています。

img-santa04

【 写真 暖炉と煙突 】

★ 木目調の内壁とレンガ風の外壁・床

作成者にこだわりのポイントを聞いてみると「データ上ではレンガを一つずつ積み上げ、色も一つひとつ指定しています。同じサイズのレンガだけではパターンが単調になるので、サイズ違いのレンガを使用してランダムなパターンになるようにしました」とのことで、かなりリアルな仕上がりになりました。

また、壁は、内側は木目で外側はレンガとなっていますが、一度に造形しています。外壁のレンガは暖炉と同様、凹凸も再現しています。また床の赤い絨毯部分は取り外しが可能で、別パターンの絨毯に変えることができます

img-santa05

【 写真:レンガの外壁部分と、内壁、床 】

作成者によれば「床や壁面の各パーツは組み立て式になっていますが、データ通りの造形精度で上手くはめ合わせることができました」とのことで、データ作成時に計算した通りの精度で造形されており、隙間ができることなく壁面と床、暖炉を組み合わせることができました。

★ ステンドグラス

クリスマスらしいプレゼントボックスとツリーの絵柄の「ステンドグラス」も作成してみました。
カラーとクリアの樹脂を混ぜることで、本物のガラスのような質感を再現しています。これも樹脂製のフルカラー3Dプリンタだからこそ再現できるデザインです。こちらも壁面に嵌め込んでおり、取り外すことができます。

【 写真 : ステンドグラス窓 左:ツリー、右:プレゼント 】

作成時のポイントについて聞いてみると「ステンドガラスの質感は予想以上に忠実に再現できました。こちらは今後も色々なデザインで試してみたいと思います。実は表面を研磨するとより滑らかな仕上がりになりますが、あえて凹凸を残して本物のガラスの質感に近づけました」とのことです。

★ ノッカー付きのドア

このドアはきちんと開閉し、ドアノッカーも可動します。最近は一般家庭でドアノッカーは見なくなりましたが、幼いころ、このようなドアノッカーを見るとノックしたくなったのを思い出します。ドアノブも細部までこだわったデザインになっています。

img-santa07

【 写真 : ドア外側 (close) と 内側 (open) 】

作成者によると「かなり細かい細工なので、ノッカーの部分が可動するか心配でしたが上手く完成して安心しました。フルカラーの彩色だけでなく、ここまで細かい造形ができるのもこのプリンタの特徴だと思います」とのことです。

★ ロッキングチェアーとサイドテーブル

ロッキングチェアーとサイドテーブルも細かいところまでテクスチャマッピングがされており、木目調が表現されています。手で押すとゆらゆら揺れるロッキングチェアーは、倒れないようにバランスを考えて設計しています。サイドテーブルの天板は、表面はツルツルになるようグロスモードを選択し、丸みのあるデザインの脚部分も綺麗に木目の柄が入っています。

img-santa12

【 写真 ロッキングチェアーとサイドテーブル 】

ロッキングチェアーの安定感とサイドテーブルの天板のグロス面は狙い通りの仕上がりになりました」とのことです。」

☆ クリスタルなクリスマスツリー

img-santa11

【 写真:クリスタルツリー 】

クリスタルの中にクリスマスツリーが入っていますが、クリスタルとツリーは一体で造形しています。作成者によると「3Dプリンタならではの、ツリーを閉じ込めるデザインにしてみました」とのことです。こちらのクリスタル面は造形後に研磨をしています。

 ☆ 雪だるまとミニツリーのカップケーキ

ハロウィンに続いて、今回のカップケーキシリーズは、クリスマス気分が盛り上がる、ツリーと雪だるまです。

img-santa08

こちらも作成者にこだわりのポイントを聞いてみると、
「ハロウィン企画の際に作ったカップとケーキ部分の繋ぎを嵌めこみ式にしていたのですが、今回はねじ式に設計し直し、ねじ部分がしっかり嵌るように設計することにこだわりました。雪だるまは3種類の顔を作って、雪だるまが溶ける様を表現しました。」とのことでした。

img-santa13

【 写真:カップケーキ取り外し後 ねじ部分アップ 】

☆サンタ帽子

最後に、被せるだけで何でもクリスマスアイテムに変身する、サンタ帽子を作りました。帽子は「布のような柔らかさを出すことにこだわりました」とのこと。

img-santa10

【 ハロウィンのかぼちゃもクリスマスアイテムに変身! 】

次回は「2017年新年特集(仮)」!

次回は「2017年新年特集(仮)」を予定しています。乞うご期待!
メリークリスマス!良いお年を!

img-santa09

 フルカラーの造形についてお気軽にご相談ください!

今回2回目となりました「Stratasys J750」シリーズですが、今後も様々なモデルを作ってご紹介していきたいと思います。また、弊社では、データ作成から造形まで、専門スタッフによる造形サービスを提供しております。ご興味を持たれた方は以下のページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

造形サービスはこちらから

 icon_top_application001a

今回の作成で使用したハード&ソフト

3Dプリンタ:「Stratasys J750」(ストラタシス社)
3DCGソフト:CINEMA4D(Maxon社)
3DCAD:Rhinoceros(McNeel社)
テクスチャ作成:PhotoshopCC(Adobe社)

nextpage01
nextpage03

お問い合わせ・ご質問

アルテック株式会社
デジタルプリンタ営業部 3Dプリンタ営業課
E-mail: sales@3d-printer.jp
TEL: 03-5542-6756 / FAX: 03-5542-6766

 

Copyright © 2008 ALTECH Co., Ltd. All rights reserved.