鉄道車両の製造における3Dプリンタ活用例

鉄道車両の製造

鉄道車両には電車、路面電車、ライトレールなど、様々なモデルがあります。大型な鉄道車両の車体やパーツの製造には、大きなコストと膨大な時間を要します。製造過程では、型によって様々なパーツが形成され、設計・開発のため作り直しも繰り返し発生します。

Massivit導入による効果

型の製作の負担を軽減するため、Massivitが導入されました。
数時間で型の製作を完了できるため製造期間を大幅に短縮し、鉄道車両のダウンタイムとシステムの中断を最小限に抑えることが可能になりました。
またMassivitで使用する素材は難燃性と耐熱性に優れており、高性能な型を製造します。それにより廃棄資材やコストの削減に繋がります。
CADファイル、3D スキャンに基づいた高い精度の型形成を実現し、ユニークなデザインや複雑な形状にも対応しています。

Massivit 10000

鉄道車両の製造・開発分野などにおいて、金型をつくらずFRP型を造形可能です。
通常の3Dプリンターでは造形できない1m規模の型を高速に造形し、製造期間の短縮・効率化に貢献します。

製品詳細

お問い合わせ・資料請求

TEL.03-5542-6756

業務用3Dプリンターのことならお気軽に
アルテックへお問い合わせください。

お問い合わせフォーム