ニュースリリース

ホーム | ニュースリリース | 第12回 全日本 学生フォーミュラ大会 レポート
title_image_02

全日本 学生フォーミュラ大会 開催

9月2日(火)~6日(土)に開催されました第12回 全日本 学生フォーミュラ大会に出場する名古屋工業大学フォーミュラチームに、世界トップシェアを誇る米ストラタシス社製3Dプリンタシステム(Fortus 400mc)で造形した“サージタンク”を提供いたしました。

【全日本 学生フォーミュラ大会とは】
公益社団法人 自動車技術会が主催する、2003年に発足した学生による自作レーシングカー(フォーミュラカー)の競技会。主役である学生が大学や高専、自動車大学校などの学生チームが自ら構想・設計・製作したフォーミュラカーで、タイムアタック競技や設計審査等で競う。2014年は12回目の開催を迎え、96チームがエントリー。トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業を始め、自動車関連企業がスポンサーや運営協力を行っている。
※公式ホームページ

【 サージタンクとは 】
img-meiko03ターボエンジンの吸気系に設けられる空気層。
エアフローメーターの精度に悪影響を与える吸気脈動や、吸気干渉を防ぐパーツ。また、空気を一時的に溜めて密度を増し、流速を上げることにより吸入効率を引き上げる効果
もある。

 

 

 

 

性能のカギとなるサージタンクの製作を依頼

img-meiko01名古屋工業大学 4年生 Formula Project プロジェクトリーダー
澤木 勇佑さんコメント

学生フォーミュラ大会では、エンジンの出力を制限するために、リストリクターと呼ばれる吸気量制限装置の取り付けが義務付けられています。リストリクターの取り付けによりエンジンの吸入空気の圧力が低下し、出力も低下することになります。その低下する圧力を回復させ、エンジン出力低下を抑えることを目的としてサージタンクを搭載しています。サージタンクは流体解析を用いて設計をしておりますが、従来は自作をしており、その製作方法の影響で理想とする形状にすることができませんでした。しかし、3Dプリンタにて製作して頂くことで形状の自由度が高くなり、従来以上の性能を発揮することができると考えたため、性能のカギとなるサージタンクの製作を依頼させて頂きました。
ご提供いただいたサージタンクは、8月初旬に吸気系の製作を終え、エンジンを始動させることができました。順調にエンジンを回せていますので大変満足しております。

世界的に注目を浴びつつあるDDM(Direct Digital Manufacturing)

今回、名古屋工業大学フォーミラチームからのご依頼でサージタンクを提供いたしましたが、私共が日本販売代理権を持つストラタシス社の持つ2つのテクノロジーの「FDM方式 ※1」 と「ポリジェット方式 ※2」(2013年度提供)の両方にて造形した物を提供することが出来ました。

今までRP機(ラピッドプロトタイピング ※3)として使用されることが多かった3Dプリンタですが、造形したサージタンクをそのまま使用し、実際のレースに挑むという名工大のフォーミュラプロジェクトは、世界的に注目を浴びつつある「DDM:Direct Digital Manufacturing ※4」そのものであり、当社としてもこのような形で協力できたことを嬉しく思います。自動車業界のみならず、日本国内の様々な製造業界でもDDMについて知って頂ければと思います。

※1. FDM方式
プラスチックを熱で溶解し、細い糸状のプラスチックを一筆書きのように積層していく方式。形状精度はポリジェット方式に劣るが、モデルの強度、柔軟性、耐熱性など素材の物性面が勝る。

※2. ポリジェット方式
液体のプラスチック樹脂をノズルから噴射し、UV(紫外線)を照射し硬化させ積層していく方式。精度が良く材料がカセット方式であり、サポート材の設計が自動化されているなど専門家でなくとも扱い易い。

※3.ラピッドプロトタイピング
製品開発において、試作品(prototype)を高速(rapid)に製造する技術。RP装置の事を今では3Dプリンタと一般的に言われている。

※4. DDM
3Dプリンタで造形されたものを、そのまま最終的な製品として利用できること

お問い合わせ

アルテック株式会社
デジタルプリンタ営業部 3Dプリンタ営業課  担当:春日
E-mail: sales@3d-printer.jp
TEL: 03-5542-6756 / FAX: 03-5542-6766

 

Copyright © 2008 ALTECH Co., Ltd. All rights reserved.