ニュースリリース

ホーム | ニュースリリース | 日本国内初! 世界最大のマルチマテリアル3Dプリンタ 『Objet 1000』を販売

日本国内初! 世界最大のマルチマテリアル3Dプリンタ 『Objet 1000』を販売

最大1メートルまでの造形物が制作可能な大型機
機械商社のアルテック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:張能 徳博)は、業界最大手ストラタシス社製3Dプリンタ、Polyjet方式で造形サイズが最大となる工業用 3Dプリンタ『Objet1000』を株式会社エムトピア(本社:大阪府東大阪市)に販売いたしました。本機の導入は、日本国内で1台目となります。

ストラタシス社製『Objet1000』

fig_objet1000ストラタシス社製Polyjetタイプ最大造形サイズを誇る『Objet1000』は大型のモデルや実物大の試作品 が造形可能なマルチマテリアル・ワイドフォーマット3Dプリンタです。 超大型の造形サイズ(1000mm×800mm×500mm)を誇り、かつ長時間にわたる自動稼動が可能で、自動車、防衛、 航空宇宙、産業機械、家電やコンシューマーグッズ等での利用が見込まれます。更に本機は多様な樹脂材料 が使用でき、どんなに複雑で細かいデザインも高精度な造形が可能です。従来であれば難しかったドリルに よる穴あけやネジ山加工等が必要な試作品も、マルチマテリアルを用いて最終製品の外見だけでなく物性を 近づけての製作が可能です

 

 

また、2014年11月末にドイツ・フランクフルトで行われたEuroMold2014では、Objet1000で全ての外観パーツを造形 したStreetScooter(Archen工科大学造形)が展示され、自動車製造における3Dプリンタマーケット拡大の可能性と して大きな注目を集めました。

fig_objet1000-sample02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルテック株式会社 デジタルプリンタ事業部 3Dプリンタ営業課課長 岡部泰三

日本初となる大型モデルが造形出来る『OBJET1000』の導入により、国内の3Dプリンタマーケットが変わっていくと確信しております。今まで諦めていた大型や1/1モデルが造形出来ることによりものづくりの幅が広がり、また、大型だけでなく小型で微細モデルも対応できるので一度に多くのモデルを造形する事による時間短縮が見込まれます。日本のものづくりは品質重視でどちらかと言えば時間がかかります。しかし、ものづくりの手法に3Dプリンタを利用するメリットであるスピードがプラスされれば日本の『ものづくり』業界に革新を起こすことが可能です。弊社がその一助となって参りたいと思います。

株式会社エムトピア『Objet1000』導入の経緯

40年間、試作造形ビジネスに携わっている株式会社エムトピアは、この度ストラタシス社製『Objet1000』を導入いたしました。以前は、ストラタシス社製『Objet500 Connex』を用いた造形サービスを検討しておりましたが、造形可能サイズ(500mm×400mm×200mm)では、分割して造形しなければならなかったモデルも、本機を利用すれば1度での造形が可能、かつ長時間の自動稼働によりタイトな納期にも対応が可能になりました。 本機を導入したことにより、自動車業界からの注目度も更に高まりつつあります。 林廣守代表取締役は「スピードが重要視されているR&D(研究開発)の分野で、より多様なニーズに応えていくために、『Objet1000』の導入に至りました。この業界では400点もの試作品を3日で納入するというようなタイトなスケジュールもあり、それに対応できるのがこの「Objet1000」だと確信しております。 また国内初である本機の導入により、世界で注目されているDDM(Direct Digital Manufacturing)マーケットの実践をいち早く国内で試みたいと考え導入に至りました。」と コメントしております。

協力代理店

アルテック株式会社は当社代理店の株式会社マックスブレインの協力により、今回のObjet1000の導入に至りました。同社は、人との出会いを大切にし、関西地区を中心にCAD/CAM・工作機械等幅広い先端技術を提案。アフターサービスに関しても誠意と相互の信頼を持ってサポートしております。

株式会社マックスブレイン
〒547-0012 大阪市平野区長吉六反2-1-25
代表取締役 西尾 晃一

Objet1000による造形物

fig_objet1000-sample
mautic is open source marketing automation
Copyright © 2008 ALTECH Co., Ltd. All rights reserved.