第1弾!フルカラー3Dプリンタが変えるデザインの世界

ホーム | 活用事例一覧 | 第1弾!フルカラー3Dプリンタが変えるデザインの世界
top_image35

3Dプリンタでハロウィン!

3Dプリンタの世界的リーディングカンパニーであるストラタシス社は、2016年6月にフルカラー3Dプリンタ「Stratasys J750」の国内販売を開始しました。36万色以上の色彩表現が可能な3Dプリンタの登場により、試作・デザインの世界はどのように変わっていくのでしょうか?

「Stratasys J750」の登場により、これまで必要だった造形後の塗装が不要となり、テクスチャマッピング対応により、表現が困難だったデザイン性の高い模様なども簡単に再現できるようになりました。
大きな可能性を秘めた「Stratasys J750」ですが、実際どのようなことができるのか?どこまでイメージを再現することができるのか?その実力を少しでも「楽しく」お見せできるよう、このコーナーでは、季節に合わせて作成したフルカラーモデルを掲載していきます。

第一弾は、ここ数年で秋の一大イベントとなった「ハロウィン」をテーマに「Stratasys J750」でフルカラーモデルを作成してみました!

まずは定番のカボチャから

ハロウィンといえば、誰もが知っているこのカボチャですよね。カボチャの縞模様のグラデーションや柔らかい質感にもこだわってデータを作成しました。カボチャは帽子を取り外し、頭の上の部分を開くと小物入れになります。お菓子を詰めたり、LEDライトを入れれることで照明にもなります。

img-hollow-a10

「ジャック・オ・ランタン」(右)と「かわいいゴースト」(左)

カボチャの「ヘタ」にもこだわりました!

モデルを作成した社員に作成時のポイントについて聞いてみたところ「カボチャのフタの嵌め合わせ部分に段差を作成していましたが、フタの凸と本体の凹の直径が同じだと、はまらなくなる可能性があり隙間を設けました。これが大きすぎるとガタツキが生じ、小さすぎると縮小造形時に嵌りませんので、その微妙な隙間の調整に苦労しました。オリジナルサイズだけで造形するのであれば、もっと肉厚が薄くても大丈夫でしたが、小さいサイズで造形することも考えて、小さいサイズでも強度を保てる肉厚にしました。それからカボチャのヘタ(ツル)の部分は、細い溝を複数作成して、その溝に沿って濃い色が入るように調整しました」とのコメントがかえってきました。

img-hollow-08

フタと本体の嵌め合わせの凹凸部分(左)と リアルに再現されたヘタ(ツル)部分(右)

 ゴーストは「半透明」の仕上がりに!

「かわいいゴースト」は白色とクリア樹脂を混ぜることで半透明な仕上がりにしてみました。このクリア樹脂はストラタシスの3Dプリンタの特徴の一つです。こちらについても同じ社員に聞いてみたところ「白部分の透明材料の混合比とゴーストの表面に入っています。「Trick or Treat」の文字をくり抜く方向、布っぽい形状の作成にこだわりました」との回答が・・・。

img-hollow-16

Trick or treat!!の文字が綺麗に入っています。

カップケーキの「ふんわり感」も再現しました!

カボチャとゴーストをモチーフにした、カップケーキを作ってみました!といっても3Dプリンタで作成したので食べられません。カップケーキのカップのギザギザの再現にもこだわってみました。ケーキを置いているこの主張が激しいお皿も実は3Dプリンタで作りました。

カップケーキを社員に見せたところ「カラフルで楽しい」「おいしそう!」といった反応が!
でも食べられません…。

こちらも作成時のこだわりについて作成者に聞いたところ「カボチャの顔もそれぞれ変えてみたり、ゴーストについてはランタン同様、「Trick or treat!!」の文字を入れてみました。海外のカップケーキ専門店にありそうな、挑戦的な配色にしてみました。また、カップケーキの上部を別パーツにして、ベース部分を流用可能にしました」との回答が。季節のイベントに合わせたカップケーキにできるよう分割して作ったようです。また、カップには社員が描いたイラストもプリントしています。もはや仕事というより、趣味の世界です…。

img-hollow-a03

3Dプリンタで作ったカップケーキとお皿

 

「Stratasys J750」では、色を塗る手間は一切なく、一度にフルカラーのモデルが作成できるので、あっとゆう間にこのようなカラフルなモデルが作成できました!

 

img-hollow-a09

カップケーキはカスタマイズ可能。(左) カップにはゴーストのイラストをマッピング(右)

全員集合して「Trick or Treat!」

img-hollow-a04

次回はクリスマス特集!

img-hollow-a06

 フルカラーの造形についてお気軽にご相談ください!

記念すべき初回となりました「Stratasys J750」シリーズですが、今後も様々なモデルを作っていきたいと思います。また、弊社では、データ作成から造形までを専門スタッフによる造形サービスも提供しております。ご興味のおありの方は以下のページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。
造形サービスはこちらから

今回の作成で使用したハード&ソフト

3Dプリンタ:「Stratasys J750」(ストラタシス社)
3DCGソフト:CINEMA4D(Maxon社)
3DCAD:Rhinoceros(McNeel社)
テクスチャ作成:PhotoshopCC(Adobe社)

nextpage01
nextpage03

お問い合わせ・ご質問

アルテック株式会社
デジタルプリンタ営業部 3Dプリンタ営業課
E-mail: sales@3d-printer.jp
TEL: 03-5542-6756 / FAX: 03-5542-6766

 

mautic is open source marketing automation
Copyright © 2008 ALTECH Co., Ltd. All rights reserved.